2006年06月03日

台場とアレ

よく晴れた土曜日、どこか自転車で行きてへな。


と、いうわけで晴れ……晴れてませんね。



ま、その方が涼しいし、日焼けがひどくて寝込んだりしなくていいですしね。
ちょっと涼しすぎですが。っていうか、半袖寒い…

今回は葛西臨海公園&お台場です。
実はすでに10回目ぐらいですけど、書いた事ないし言わなきゃバレないからいいか(ぉ
さすがに飽きたのでちょっとだけアレンジを加えてありますけどねっ

あと、写真は携帯によるものなので、画質がアレですが気にしないでください。
まともな性能のコンパクトカメラが欲しいのう。

いつもの如く自宅から出発。台東区から蔵前橋通りを東進して、環七で右折します。
いつもは蔵前橋通りでなく京葉道路を使うのですが、ここが今回のアレンジその1。
が、二度と使わないと思います。

その理由はこの辺り。道路が総武線を跨いでるのですが、自転車で通れないんです。
こっちで見ると歩道橋があるのが分かりやすいと思いますが、上り口が階段なんですね。
で、車道はと言えば自転車通行禁止の標識があります。つまり自転車の存在を忘れてる
わけではなく、通ってくれるなという自転車乗りに対する挑発なのですね。(考えすぎ)
そのちょっと西側にも歩道橋がありますがこちらもやっぱり階段。くそコラ、なめとんのか。
もう通れる場所を探すのも面倒なので、自転車を担いで階段を登りましたさ。
オジさんは、気持ちよく通れない道はキライです。

自転車に優しくない道路行政の話はこれぐらいにして、そのまま環七の終点まで南下。
突き当たりが第一目標、葛西臨海公園です。

時期のせいか天候のせいか、なぎさに人は少なめでした。イジョ
さすがに見飽きてるので、一休みしてさっさと出発。

心臓破りの荒川を越えたところでちょっと脇道に逸れて、サイクリングロードに入ります。



サテライトだと見づらいんですが、マップの方にある海沿いの細い道ですね。
2本併走してますが、片方は歩道。上の写真左側は海になっています。
ちょっと裏技的な入り方として湾岸線を挟んだ北側、野球場の外側を廻って、湾岸線を
くぐってこの道に入るのがオススメ。マップだとそのルートは確認できないんですね。
ちなみに他の地図でも似たような感じで、そんな事ができるようには書いてありません。
まあ、歩道や自転車道なんて実走してるわけないでしょうけど…ねぇ。

そのサイクリングロードの脇にあるのが、東京メトロの新木場検車区
鉄ちゃんにオススメ。

その更に南にあるのが東京へリポートです。



道が少し高くなっているので、ヘリポート全体が一望できるんですね。
ヘリ好きにオススメ。

木場の木材工場が建ち並ぶ界隈を通り抜けて、有明へ。
こんにちはビッグサイトロン。また盆に会おう。

ゆりかもめの下を通り、パレットタウンテレコムセンターを通過して潮風公園に到着。
あんまり中に入ったことはなかったのですが、結構いいですね。カップルばっかだけど('A`)
そのまま隣接するお台場海浜公園に入ると、ますますカップルだらけに… ○| ̄|_
くそ、道の真ん中をベタベタくっついて歩きやがって、ひき殺すぞコノヤロウ(ぉ

で、第2の目的地にして二つ目のアレンジ、台場公園に到着。
散々お台場に来といて、ここに来るのは初めてだったりするんですね。

知ってるとは思いますが、お台場の台場というのはペリー一度目の来航後、江戸守護の
ために建設された海上砲台群、品川台場のことで、第1から第7(第4、第7は未完成)まで
ありました。その後、昭和に入ってからの東京湾整備で撤去されたため、現存するのは
第3と第6の2基のみ。台場公園は第3台場となります。
なお、第6は保護のためという理由で立ち入り禁止になっています。ま、台場公園のように
地続きになっていないんで、入れたとしても簡単には行けないんですけどね。
衛星写真で第3と見較べると、明らかに植物が育ち放題で放置っぷりがよく分かります。



台場公園からホテル日航東京、フジテレビ社屋方向を見たところ。
屋形船が何艘か浮かんでいました。某げねしすの忘年会で使った屋形船もここら辺りで
停船していたような。なお、ビッグサイトは反対側です。



何となく台場の上は平地だと思ってたんですが、内側はこんな風に凹んでいます。
よく考えれば当然で、砲撃すれば反撃を受けるわけですし、逃げ場作らないでどうするよ。
ところどころに施設跡が残っているのが見えますね。



もちろん下にも降りられます。これは陣屋跡とのこと。
なんか遺跡みたい。(※遺跡です)



堤防の内側にはこのような石造りの凹みがいくつかあり、何かと思えば弾薬庫だそうです。



Googleサテライトでも確認できると思いますが、内側の1/3ぐらいは林になっています。



この林が陰鬱な感じでちょっとヤな雰囲気。場所的には当然ですけど湿気てるし、謎の
構造物の残骸があったりして、その意味不明さがちょっと不気味。ついでに頭上でしきりに
嘶くカラスが怪しげな雰囲気を盛り上げてくれます。

ていうか、なんでいきなり台場公園なのかっていうとですね、ちょっと心霊スポットを調べて
いたら、ここ(台場公園)に幽霊出没の噂があったからなんですよ。
確かに砲台跡なんて物騒な場所ですが、実際に砲撃戦があったわけじゃないんで
幽霊とあんまり関係ないじゃんとか思ったんですが、あれじゃ噂が出るのも仕方ないかも。
少なくとも夜歩きたい場所じゃないのは確かですね(笑

と、勝手に納得したところで台場公園を後にします。
のぞみばしを渡り、東雲方面へ。個人的にここの通りをお台場の裏通りと呼んでます。
理由は変に寂れてるから。地元に住んでる友人にそう言ったら微妙な顔をされましたが。

後は普通に走っただけなので省略。
久しぶりの50km越えで、結構ヘロヘロでした。

大抵の場所は行ったと思ってたんですが、目先を変えるとまだあるもんですね。
と言っても、心霊スポットなんかは行きたくないですけど。特にマジっぽいやつ。
具体的には平将門首塚とか、谷中霊園とか、千駄ヶ谷トンネルとか。

谷中霊園なんかお持ち帰りしちゃうらしいですヨ?毎日に刺激が欲しいあなたにオススメ。



距離:56.03km  所要時間:約4.5時間

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ziomatrix/50498086