2007年03月23日

錐クエスト第2章 第2節

3/22夜、Eirで神器クエストがありました。

またですか?
ええ、またです。

いやー、正直そんな事だろうとは思ってたんですよ。
4次が速攻で終わるのは常としても、普通はおいしくなさげな1〜2次辺りが夕方辺りまで
ダラダラと終了せずに残るものなのに、その日の朝にはキッチリ終了してましたからね。
いかにも次があるから作成可能にしときました、てな臭いがしてたんですがやっぱりです。

で、前回も似たような時間に神器が作られたんで、その後のタイムスケジュールも同じ
ような時間になるとすると、4次開始の予想時刻は午前4時台。でも平日 orz
とはいえ、仕事で徹夜して翌日も普通に働いてたなんて事は一度ならずあるわけで、
ちょっとぐらい睡眠時間が足りなくてもたぶんいけると踏んで、準備をして一度就寝。

午前3時。携帯のダメなアラーム音で目が覚めると、まだ4次は始まってませんでした。
それどころか、2次すら始まってないわけで。

まじっすか、もうみんなクエするキャラいないっすか、
4次開始は昼になるとですか社会人はダメですかッ! クケー

思案した挙げ句もう一度寝て、4時頃に起きてみるとやっと2次が始まってました。
しかしそこから急に進むとも思われず、本格的に就寝することに決定。

そして朝、起きて画面を見ると3次が進行中。神器スレによると、6:16開始とのこと。
前回3次開始から4次開始までは2時間ちょっと。ただ、それと同じになるかはここまでの
流れから激しく怪しいわけで、もっとかかるとなると確実に出勤時間オーバー。

…休むか。

いやいや、ないから。錐のために会社休むとか、どんだけ俺はアホなのかと。
しかもそれで錐が手に入らなかったら自己嫌悪で首吊りかねねーよっ!

でも錐が手に入ったらフィーバーだし、ゲットできなくても空いた狩り場でフィーバー。
どうせ今日の仕事なんてピーガーガーガー…

という葛藤の末、とにかく出勤時間いっぱいまで粘ってみるという事で決着。

8時。まだ4次は始まりません。「家を出た1分後に始まったら笑えるかも」と、既にネタに
する方向で脳内が傾きつつあった数分後のことでした。

◆◆大陸に[ブリーシンガメン]の封印が姿を現しました。◆◆

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

さっそく前回敗れたスドリとの再戦からスタート。
相変わらず低い初回ターンのカウンター成功率に泣かされるも、気付いてみれば
スドリHP : 6  自分HP : 10  という両者最後の一撃の少年マンガ的展開。しかも自分の
攻撃ターンという勝利は目前のコンボ。でも俺が主人公の前座役なら負けフラグ確定。
「俺様のターン!」と青眼白龍を召還してイイ気になってる海馬のモノマネをしながら(嘘)、
スドリの胴へ攻撃。

え、勝てた?マジ俺勝っちゃった?つうか逆毛様最強説浮上ー!?

喜びのあまり、ち○こ音頭フルコーラスを振り付きで熱唱しちゃいましたよ。嘘だけど。

というわけでEirでも念願の錐ゲット。
これでアサの装備的にはFor鯖と遜色ないレベルになったわけですね。

ふはははは、もう誰も俺のオーラロードを止められねぇーーッ!


でもやっぱり狩場はココモビーチ。錐も太陽剣も出番なし。
オットー∩( ・ω・)∩ばんじゃーい

ちなみに。


副産物

無駄な精錬運を使った気がするんですが…

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ziomatrix/50749758