2010年08月11日

想い出がいっぱい(ネタ的な意味で)

拝啓。
残暑なお厳しい折、皆様いかがお過ごしでしょうか。
不肖このワタクシ、6月頭にとうとう都落ちの身となってしまいました。おまけに原因不明の
踵の痛み&内出血によりまともに歩く事もできず、レ○プ後の二次女性の如き死んだ目で
窓の外を眺めて過ごす日々です。

さて、引っ越しの準備を一日前倒しで終わらせた、さる6月のよく晴れたとある金曜日。
最後っ屁によからぬ事を企むには絶好の日和と言えましょう。

というわけで最近は近所の足としか使ってない気がするMy自転車で自宅を出発して都心
方面へランナウェイ。平日なのでサラリーマンあふれる大手町界隈を軽く死にたい気分に
なりながら駆け抜けます。
まずは第一ポイント到着。いわゆる皇居です。平日昼間なのに皇居ランナーがちらほらと
散見されて不思議ですな。お前が言うなというツッコミが聞こえてきそうですが。
当然外国人も大勢いらっしゃいますが、お隣の某国とか某国とか某国あたりっぽいです。
ここらは7年前とちょっと違いますね。

そう、薄々気付いてる方もいらっしゃ…らない気がしますので説明すると、今回のコースは
一人暮らし開始直後で印象に残りまくった7年前のとあるコースを最後にもう一度なぞって
みようというコンセプトです。
ああ、あのときはひどい目に遭ったなあ……と、あの頃を回想しつつ、俺の8年間は空疎で
無意味で持ち主と同じく塵芥に等しいという事を再確認するための旅と言えましょう。

というわけで皇居を横目に見ながらスルー。霞ヶ関を通り抜け、7年前のコースをなぞると
言った舌の根も乾かぬうちに違うコースへ転進。近所は通ってたのに結局行ってなかった
増上寺に寄り道してみます。



荘厳な、悪い言い方をすると人を見下す権威の塊のような生臭さに満^Y
有名な大きな門をくぐり、東京タワーと増上寺のツーショット。
来てみて気付いたんですが、特にこれといって思い入れはないんですよね(ぉ



今回は迷うことなく元のルートに戻り、メインである東京タワーに到着しました。
7年前は大展望台の入場料金820円に躊躇しましたが、ラストランという現実の前に怖い
ものなどあるハズもなし。よーしパパ特別展望台(計1,480円)まで昇っちゃうぞー!

販売員 「特別展望台が大変混み合っておりまして、エレベーターに乗るまで20分(ry」
俺 「大展望台まででいいです」(即答)

てなわけで、それなりに久しぶりの東京タワー大展望台。たしか3回目。いや4回目かも?
俺ごときの腕では写真であの高さが表現できないという事を痛感してるので、無闇に外の
景色を撮ることはせず、館内の雰囲気と逮捕しちゃうぞThe Movie気分を味わいます(ぉ



相変わらず人間の根底にある恐怖を呼び起こしてくれるルックダウンウインドウ。
今度こそ完全に乗ってじっくり下を見てやる!と意気込んで踏み込んだのにたった2秒で
限界だった俺だめすぎ(笑) なんつーか、色々余計なこと考えちゃうんですよねあれ。
高いところがダメな方は近づく事すらアウトだったり、人によって様々な反応が見られる、
いい人間観察ポイントではあります。
ちなみに異人さんは総じて面白い反応をしてくれますな。マジお薦め。

展望台から下りエレベータに乗ると、降ろされるのがタワー足下の建物の屋上遊園地。
華麗にスルーして、階段を下りたひとつ下の4Fにはゲームコーナーがあります。
こういう場所のゲーセンといえば、骨董品寸前のシロモノとか動いてたりするイメージ。
実際、改装前に来たときはそんな感じでしたし、ひょっとすると掘り出し物のルパン三世(何)
とかあったりするかもねー!うひょーテンション上がってきたー!!ヒャッハー!!

……ごめんなさいボクが愚かでした。
いわゆるビデオゲーム的なものはガンシューぐらい。あとはプリクラがずらり。
そりゃそうですよねーwwww小中高生とか来ますもんねーwwwww  orz



ちなみにこんな不思議なものを見つけましたが、これがいったい何なのかは不明。

その下、3Fは蝋人形館やギネス博物館がありますが、無職で平日で東京タワーに来てる
という状況が既にしてアレなのに、こんなものを見ていたら変に開眼して都営大江戸線を
相手にエア超級覇王電影弾を敢行してしまいそうなので脳内マスキングを施します。

更に階段を下りて、2F。ここはフードコートと土産物屋のフロアとなっております。
そう、観光施設といえばどこか頭のネジが飛んだ感じの土産物屋ですよダンナ。
さァ果たして前回来たときに見かけた「努力」という文字入りの置物は進歩してるのかッ

結論 : 「努力」のままでした

なんだよー、俺の生きてる間に「友情」「努力」「勝利」のコンボを完成させてくれよ!
ミクや綾波のフィギュア置いてる場合じゃないだろッ!これはこれで不思議だけどっ!

すっかりと東京タワーを満喫して愛車の元に戻ってくると、傍らに辛そうな表情で座り込ん
でいる女性がいるではあr……いやいや、いるわけねェだろ。

『犯人は、そこの女、お前だッ!』

いやだからなに犯人て。
などとくっだらない事を考えながら、不具合の片鱗すら見せない愛車で坂を駆け下ります。

赤羽橋交差点を麻布十番方面へ向かうと、そこには一軒のファミリーマートがあります。
そここそが7年前東京タワーでパンクして、しかもその日に限ってパンク修理セットを忘れる
という大ピンチに一筋の光明とその後の絶望を与えてくれた、伝説のコンビニ。
懐かしさのあまり写真に撮ろうとかチラリと思ったりしましたが、客観的に捉えるとその姿は
意味不明でそこはかとなく不審者の香りがするのでやめておきました。

それでも外から眺めるだけというのは何なので、店内にも入ってみることにしましょう。
「せっかくだから俺はこのクリスタルガイザーを選ぶぜ!」
と、当時と同じチョイス。まあ、今でも補給用の水といえばこればっかり買ってるんですが。
当然ながらレジ係はあの時のお嬢さんではありませんでした。いたらむしろ怖い。
学生っぽかったので、今頃は社会人になって仕事でもしていることでしょうね。
あれから7年経って俺の方は仕事なくなっちゃったヨ。おじさんカッコ悪いね、あはははは。
……やめよう、自分をいじめるのは(´;ω;`)

金を払いながら、この店員に自転車を修理してくれそうなところを訊いたらやっぱあそこを
教えてくれんのかな、とかバカな事を思ったりもしました。訊かなかったけど。

コンビニを出て赤羽橋交差点まで戻って南下、桜田通りを挟んで三田国際ビルの斜め
向かいあたり……ありました。驚嘆すべき事に現在も絶賛営業中です。
しかし今でもあの老人がやってらっしゃるんでしょうか。入る気にはなれませんでしたが。

再度赤羽橋交差点へ戻って今度こそ麻布十番へ向かいます。
途中、例のコンビニ前を通ったので、あの自転車屋は地球への侵略を目論む宇宙人と手を
組んだおっぱい協会の手先だったよ、君たちも気を付けたまえ、とテレパシーで以下略

さてさて、麻布十番駅付近、新一の橋交差点。あの日は祭り会場だった公園は工事中。
次の目的地はさすがにうろ覚えです。おまけにあの日とは人の多さも含めて景色が違うと
いう点も確信を阻みましたが、おそらくここかな、という場所は発見しました。
安っぽいアルミ枠にガラス張りの引き戸。コンクリむき出しで鰻の寝床のような細長い空間。
今も昔もまるで自転車屋に見えませんでしたが、違うとすれば今は本当に自転車屋では
なさそうという点ぐらいなもの。伝説の自転車屋的な風貌の店主が自転車をゴソゴソやって
いたりしてませんし、埋立地にありそうなイカすパーツが店内に散乱してたりもしません。
廃業しちゃったんでしょうか。それとも、本当にホームレスが住み着いただけだったとか(ぉ
実は場所が違うという可能性も多分にありますが。

イマイチ確信できず、やや残念な感じを残しつつも仕方なく次の目的地へ向かいます。
あの日、救いの手をさしのべてくれた唯一のまともな自転車屋ですね。
環状3号線を挟んで、テレ朝の向かいから延びた路地という記憶通りの場所で今も営業中。
見るからにオサレ(笑)な店構えで、非常事態とはいえよくこんなところにGIANTのエントリー
向けMTBとか持ち込んだよな、とか今更ながら思わないでもないですな。
しかしまあ、ほぼパーツ代のみでチューブ交換してくれたとか超サービスいいですよね。
基本、技術料だけで千円単位で取られる事を知って大人の階段を登ったワタクシです。

さて、ここからはあの日の日記ではほぼ語られなかった続きの行程。といっても今回も語る
べき内容は多くありません。箇条書き風味なのも許されよ。



六本木駅前を通り抜けて次のポイント、あの頃にはまだオープンしていなかった六本木
ミッドタウン。ああ、あのオフィスでは皆仕事をしているのに俺ときたr……やめよう(´;ω;`)



青山に出てやってきました神宮外苑銀杏並木。この季節は陽に透けた緑が絵になります。
そのせいでしょうか、並木道を通過中、モデルの撮影隊を2チームほど見かけました。
いいなあ、あいつら仕事があtt……いや、よそう、考えるのは。

超絶後ろ向きな気持ちになりながら銀杏並木を抜け、神宮球場、国立競技場の脇を通って
北参道交差点で明治通りに入る、新宿行きお馴染みのコース。

余談になりますけど、ここに至るルートはいくつか通りましたが一番きつかったのは永田町
から赤坂御用地の北側、迎賓館の正面を通って神宮外苑に至るルートですね。
2回ほど通りましたが、結構な角度と距離のアップダウンで軽くイキかけるヘル&ヘヴン。
マゾな^H^H坂道を愛するアナタにお薦め。あと、割と雰囲気はいいです。雰囲気だけは…。

明治通りを北上し、新宿に到着。で、何故か東急ハンズに寄りたくなるんですよねえ。
しばらく来る事はなさそうなので全フロアを見回っていると、商品を見ながら「これいいかも」
と思った一瞬後に実家に戻るので不要である事を思い出して軽く凹む、という不健全極まる
思考をナチュラルに何度も繰り返す、ステキな俺の脳味噌。

あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!
「ハンズに入ったら精神的に疲れ果てていた」 な…なにを言ってるのか
(ry

ポルナレフな気分でハンズを後にし、新宿五丁目から靖国通りに入り、市ヶ谷方面へ。
厚生年金会館の手前あたりで、ブームに乗って乗り始めましたという感じのローディーの
後ろに付き、しばし風よけになってもらいます(ぉ
しかしこの人、後方確認もせずに車道に膨らむわ、小さい信号は減速もせずに無視するわ
生存本能に欠陥でもあるんじゃないかという感じの走り方。いやまあ珍しくはないんですが、
度胸が据わってるというわけでもないんでしょうし、何なんスかね、あのテの輩ときたら。

市ヶ谷橋を渡り、市ヶ谷駅前を過ぎて靖国方面へ。
靖国神社に寄ろうかなとチラリと思ったりしたんですが、命を賭して守った日本人のなれの
果てが無職では英霊が浮かばれない感じがしたので(嘘)、いつか捲土重来の時まで保留
としておきましょう。というわけで、靖国はスルーして九段坂を駆け下り、神保町、小川町を
駆け抜け、昌平橋を通って秋葉原に到達。

ただいま、最後の秋葉原……
思わず涙がポロリ

……などという感傷は浮かんできませんでした(笑)
特に用はないので、秋葉原も通り抜けて自宅へと無事帰還。

はい、というわけでラストランでした。
新宿往復ルートは基本的にちょっと長めの買い物ルートであり、距離的には短いので最後
としてはどうかとも思いましたが、例のgdgdにより強く印象に残ってるので選んでみました。
物見遊山としても悪くはないんですが、いかんせん山手線の内側を横断する関係上アップ
ダウンが多いのでコースとしては若干のめんどくさい感がありますね。

ちなみに今回もパンク修理セットは持って行ってません。何も起きなくて残念(笑)


本日の走行距離:26.37km  所要時間:約5.5時間

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ziomatrix/51854082
この記事へのコメント
感動した!(マj
Posted by ryo at 2010年08月11日 02:26